11

赤ちゃんが誕生したその日から、そのかわいらしい表情や日々の成長の移り変わりを撮り続けているうちに、あっという間に撮りためた写真はいっぱいになります。

この写真、自分たちで眺めるだけでなく、お孫さんの成長を楽しみにしているおじいちゃん・おばあちゃんにも見せてあげたいですよね。

そんなときには、フォトブックにしてプレゼントするのがおすすめ。


スポンサードリンク     




フォトブックって?

フォトブックとは、デジカメなどで撮影した写真を使い、インターネットから手軽に簡単にオリジナルの写真集が作れるサービス。
以前は写真を現像してアルバムに保管する方法が主流でしたが、フォトブックを取り扱う業者も増え、最近では写真ではなくフォトブックの形にして記念に残される方たちが増えています。



金額は?

フォトブックを取り扱う業者さんごとに金額はいろいろ。
使われている紙の質や表紙、作製するフォトブックの大きさ、ページ数によっても金額は違ってきます。
特別な記念日に作るフォトブックと、日々の成長記録として手軽に作るフォトブック、自分たちの目的に応じて使い分けるのがおすすめです。



日々の成長記録として残すなら

「写真がたまってきたからフォトブック作ろうかな。」
こんな感覚で手軽に作るなら、1冊198円からのしまうまプリントのフォトブック がおすすめ。



低価格でありながら、おしゃれなデザイン。
自分たちの分とおじいちゃん・おばあちゃんたちの家の分、何冊か作ってもこれなら負担になりません。
大きさは、文庫サイズ(105×148mm)、A5スクエア(148×148mm)、A5(148×210mm)の3サイズ。
それぞれ指定されたページ数のなかから、自分たちの好きなページ数を選ぶことができます。
作るときには大きさをそろえて作ると、保管するときにしまいやすくなります。

また成長記録として残すときには、フォトブックのタイトルをつけるときにお子さんの年齢(月齢)を一緒に入れておくと、たくさんのフォトブックの中から探すときにもすぐに探せます。

詳しくは
⇒ 【しまうまプリント】インターネットでかんたん作成フォトブック




お宮参りなどの特別な記念として残すなら

赤ちゃんが生まれてから小学校に入る頃までというのは、成長が早いだけでなく行事も盛りだくさん。
家族で行うお宮参りにお食い初め・初節句・誕生日・七五三などに加え、幼稚園や保育園の入園式や卒園式、運動会やお遊戯会など。
これらの行事の中でもお宮参りや七五三、入園式・卒園式などは特別で、記念に近くの写真スタジオへ行き家族写真を撮っていただくという方もいらっしゃいます。
ただ写真スタジオでの撮影は、金額がどれくらいかかるのか不安。
また、写真スタジオで撮影していただくほどではないけれど、大切な思い出として記念に残したい。
そんなときには、紙質や写真にこだわったワンランク上の高品質のフォトブックがおすすめ。
当日みんなで撮影した写真のなかから、自分たちだから撮れるリラックスした表情の写真を選び、オリジナルの素敵なフォトブックを作ってみましょう。
業者さんによりフォトブックのデザインや仕上がり、金額も異なりますので、見本を見ながらお好みの業者さんを探してみてはいかがでしょう。

高品質フォトブックなら
⇒ 撮るだけフォトブック
⇒ フジフォトアルバム
⇒ 【Digipri(デジプリ)のフォトブック】



フォトブックを作るときのアドバイス

お子さんの成長は、本当にあっという間。
お子さんが気に入っていたおもちゃも、大切なお洋服も、すぐに汚れたり着られなくなってしまいます。
1つ1つのものには、それを贈ってくださった方やお子さんとのたくさんの思い出が詰まっています。
これら全てのものを思い出として残しておけるといいですが、残念ながらそれは難しいこと。
そんなときに、思い出を形として残してくれるのがフォトブック。
フォトブックを作るときには、お子さんや家族の写真ばかり載せてしまいがちですが、その合間に、その当時お子さんが気に入っていた絵本やおもちゃの写真、身につけていたもの、使っていた離乳食用食器、ベビーベットなどの写真も入れると、お子さんが大きくなって一緒に見たときに、それらのものとのエピソードを話してあげることができます。
そういった話を聞くことで、お子さんも自分がどんなに大切に思われてきたのかを感じることができます。

また写真を撮影するときには、フォトブックを作ることを想定して撮影すると写真を選びやすくなります。
全て真正面からの集合写真ばかりでは少し物足りないので、写真を撮っていることを意識させないオフショットの写真も撮影しておきます。
何かを眺めているときの表情を、正面からではなく横から撮影してみる。
パパとお子さんの歩く姿を後ろから撮影してみる。
こういった写真をいくつも撮っておくと、緊張していない普段の雰囲気のフォトブックが作れます。



追加で注文したい

完成したフォトブックを見せたところ周囲の方に好評で、同じものを追加で注文したい。
こういったケースもたまにあります。
業者さんを選ぶときには、このようなことが可能かどうかも確認しておくと安心です。



年齢ごと行事ごとに作ってみよう

1年間の出来事を振り返りながら、毎年1冊ずつそれぞれのお子さんのフォトブックを作ってあげると、お子さんにとってかけがえのない宝物になります。
写真に合わせて言葉も添えることが出来るタイプのものを選ぶと、そのときそのときのパパやママの思いも伝えることができます。
旅行や学校行事など大きな行事があったときには、写真の数も多くなるので、それ専用のフォトブックを作るのもいいですね。
フォトブックを作るときには時間の流れに沿って写真を選んでいくと、当時のことを思い出しやすいです。
つくる過程は楽しく、完成してからも何度も見ては素敵な時間が過ごせるフォトブック。
たまった写真の整理に利用してみてはいかがでしょう。



まずは日々の成長記録から。
 【しまうまプリント】インターネットでかんたん作成フォトブック