出産前はこれほどまでに感じたことのなかった足の冷え。
子どもが生まれた頃から、 足の冷え…なかでも足の指先の冷えに悩まされるようになりました。
日中はもちろん、夜は入浴後すぐにお布団に入り、温かいうちに眠ろうとしても足の先がスースーとするため、なかなか寝つけません。
気がつくと、足をモゾモゾと動かしていたのもこの頃。
今考えると、血行が悪かったからかもしれません。
足の冷えがほぼ解消された今、このようなことはなくなりましたが、現在同じようなことで悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
今回は、どんな風に私の足の冷えが改善されていったのかをまとめたいと思います。

スポンサードリンク    



体温は低く35℃台

足の冷えで悩んでいた頃の私の体温は、35℃台。
子どもを出産後、感じるようになった体の不調は足の冷え以外にもいくつかありましたが、その中の1つが風邪をひきやすくなったこと。
子どもが熱を出すと、数日間看病しますが、やっと子どもの体調が良くなったと思うと、今度は自分が熱を出すということの繰り返しでした。
このままでは先が思いやられるということで、健康に関する様々な本やテレビを注意して観るようにしたところ、体温の低さが原因かもしれないと気がつきました。


体温が低いと免疫力が落ちる

この頃、テレビや本でよく目にしたのが、「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」と体温との関係。
ナチュラルキラー細胞は、人間の免疫力に関係している細胞ですが、36℃以上ないと活動が弱まってしまうとのこと。
現在は36.5℃まで上がりましたが、当時の私の体温は35℃台。
風邪をひきやすくなったのは、免疫力が落ちているため…ということは十分に考えられました。
…となれば、低い体温を上げること。
足の指の冷えも、もしかしたらこれで良くなるのではないかと考えました。



冷えとりをはじめる

この頃出会った本のなかで、具体的な方法を参考にさせていただいたのが、この本。
進藤義晴さんの書かれた『万病を治す冷えとり健康法 』です。
薬に頼らずに、頭寒足熱になるよう体を温めることで、今ある不調を治していくという健康法。
半身浴や足湯はもちろん、お風呂に入らない時間でも湯たんぽと冷えとり靴下などを使い、冷えやすい下半身を温めます。

クーラーを使っても、暖房を使ってもそうですが、暖かい空気は上へ、冷たい空気は下へと集まります。
このようなことからも温度が低く冷えやすい、足元を温めるように気をつけました。

夜寝る前に入れると、暖かさが長持ちする陶器製の湯たんぽは冬に大活躍。
このままでは熱いので、使うときには火傷しないように湯たんぽ用の袋に入れ、足元から離すようにします。

湯丹保古典 湯たんぽ 陶器 美濃焼




寒いと感じるときは靴下の枚数を増やす

冷えとり健康をはじめて快適に感じるようになったのは、足元の暖かさ。
この健康法では、シルクの5本指靴下→綿・毛などの5本指靴下→シルクの靴下→綿・毛などの靴下と、靴下を重ねて履いていくのですが、足元がスースーして寒いと感じるときには靴下の枚数を増やすようにと書かれています。
基本は4枚重ね。
寒いときには、6枚でも8枚でも10枚でも。
外出時には、大きめの靴が必要になりましたが、幸いビルケンシュトックにはこれだけの靴下を履いても大丈夫な大きめの靴がありました。
このおかげで、家にいるときにも外出するときにも、足元の冷えを感じることはほぼなくなりました。

19
(参考)くらしきぬの冷えとり靴下 4足セット (色は選べます)
        ビルケンシュトック




食べ物にも気をつける

食べ物に体を冷やす食べ物と体を温める食べ物があるのはご存知ですか?
私は果物が好きで1年中よく食べていましたが、果物は割と体を冷やすんですね。
南国でとれるバナナやパイナップルのような果物と、日本でも寒い地方でとれるりんごのような果物とでは、冷えると言ってももちろん同じ冷え方ではありませんが、やはり食べ過ぎには気をつけないといけません。
体を冷やす食べ物・体を温める食べ物については、「食べものの陰陽表」としてこの本に出ています。
⇒ からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て(大森一慧)



冷えとり生活は心地いい

冷えとり生活を続けること数年。
今では重ねる靴下の枚数を減らしても、足元が冷えないようになりました。
気がつくと、低かった体温も36.5℃まで上がり、風邪をひきやすかった以前の私とはまるで別人のようです。
でも体調が良くなったからといって、この冷えとり生活をやめるつもりはありません。
足元が暖かい…それだけのことですがこんなにも心地いいものだとは思いませんでした。
花粉症も年々軽くなってきていることから、これからもずっと続けていきたいです。



時間がないときには無理をしない

冷えとり健康法に出てくる半身浴や足湯。
長い目で見て続けていくことが大切なので、1日単位・1週間単位など短い期間で取り組めないことがあっても、それは気にしないで大丈夫です。
時間がないから半身浴が出来ないという日ももちろんあります。
私がそうでしたが、たとえそんな日が続いたとしても、長い期間続けていれば体は変わってくるんですね。
だから出来ない日は無理せず休む。
それでいいと思います。

冷えとり健康法については何冊か関連書籍があります。
参考に紹介しておきますね。