子どもたちが毎日楽しみにしているおやつの時間。
市販のおやつもいいですが、 パパやママたちが作ってくれる愛情いっぱいの手作りおやつは子どもたちにとって格別なものです。

手作りのお菓子というと初めての方には何だか難しそうですが、そんなことはありません。
素朴で簡単に作れる手作りおやつ。
市販のミックス粉も利用しながら、肩を張らずに手軽に作れる、そんなおやつを今回は紹介したいと思います。
お子さんが成長したら、一緒に作っても楽しいですね。
(アレルギーがあるお子さんの場合は、材料に注意してください。)


①ゆずジャムホットケーキ

市販のホットケーキミックスを使って作るおやつ。
ホットケーキの材料は、普段から冷蔵庫にありそうなものばかりなので、ミックス粉さえあれば思いついたときにサッと作れるのがいいところですね。
今回は、そんなホットケーキにゆずジャムをプラス。
ゆずジャムがない場合は、ゆずマーマレードで作っても美味しいです。

〈 作り方 〉

① ホットケーキミックスの袋に書かれている通りの分量で、卵・牛乳・ホットケーキミックスを混ぜていきます。
27

② 先ほどの材料を混ぜた①の中にゆずジャム(今回はゆずマーマレード)を入れて混ぜます。
26


③ あとは普通にホットケーキを焼くときと同じ要領で焼けば完成。
24

ゆずの香りが、ふわ~っと香るホットケーキ。
わが家で人気のおやつです。
プレーン味の普通のホットケーキの場合は、メープルシロップやホットケーキ用のシロップをかけたくなりますが、このゆずジャムホットケーキはゆずジャムの甘さがあるので、何もかけずに食べてもおいしいです。
甘さは、ゆずジャムを加える量で調節してくださいね。

ちなみに今回はホットケーキにしましたが、ゆずジャムはこれと同様に蒸しパンを作るときに加えてもいいです。
市販の蒸しパンミックスを使い、全て材料を混ぜた最後にゆずジャムを加えて混ぜます。
あとは普通に蒸せば出来あがりです。
ゆずジャムはとにかく香りが良いので、時間がないときには食パンに塗ってサンドイッチを作るだけでもおいしいおやつになります。
ぜひ使ってみてくださいね。

砂糖の甘みが気になる方は、甘みをぶどう果汁でつけ砂糖を使用していないゆずジャムもあります。
⇒ サンクゼール オールフルーツジャム ゆず 

スポンサードリンク   




②りんごの葛煮

子どもが小さい頃、普段のおやつとしてだけではなく、風邪をひいたときや食欲のないとき、お腹が冷えたときなどによく作ってあげたおやつです。
全く砂糖は使っておらず、りんごの自然な甘みだけで作ってあります。
市販の甘いおやつに慣れてしまう前に、自然の甘さに慣れておくと、甘すぎるものは欲しなくなるようです。
私たちも子どもと一緒にこのおやつを食べるようになってからは、それまで食べていた甘いお菓子が食べられなくなり、甘さ控えめなものを欲するようになりました。

本葛は体を温めてくれる作用があるので、葛粉を選ぶときには原料を確認して、他のものが混ざっていないものを選ぶようにしています。

〈 作り方 〉

① りんごをこのように小さめに切って鍋に入れ、水を加えてやわらかくなるまで煮ます。
33


② 本葛を容器に入れます。
34

③ ②の本葛に水を加えます。
35

④ よく混ぜて葛粉を溶かします。
36

⑤ りんごがやわらかくなったら、りんごの入った鍋を弱火にし、④を少しずつ加え木べらで混ぜ続けます。
 とろみのつけ具合は好みですが、かたすぎる場合は水を加え調節します。
37


⑥ 透明になったら完成です。温かいうちにいただきます。
32

りんごは種類によって、煮ているうちに煮くずれてくるものもあればそのままの形で残るものもあります。
形はくずれてもおいしく食べられますので、りんごの葛煮を作る際にはどのりんごを使っても大丈夫です。
本葛粉
は家に常備しておくと、葛餅や料理のとろみづけにも使えます。
体にやさしいおやつや料理を作りたいときにはおすすめです。



③りんごヨーグルト

忙しくて手間はかけられない、そんなときにいいのはこのおやつ。
りんごヨーグルトです。
りんごを切ったら色が悪くならないように塩水につけ、あとは器に盛ってヨーグルトをかけるだけ。

他にもフルーツがあったら、同じくらいの大きさに切って一緒に入れてあげてもいいですね。
これは本当に簡単なおやつです。

28



④チヂミ

子どものおやつにおすすめなのは、甘みのあるおやつばかりではありません。
野菜がたっぷり入ったチヂミもちょっとお腹が空いたときに食べるとおいしいおやつです。
市販のチヂミ粉を使えば、ホットケーキを作るような感覚であっという間に作れます。


〈 作り方 〉

① 市販のチヂミ粉の袋に書いてある通りに、卵・牛乳(または水)・チヂミ粉を混ぜます。
 その中にお好みで、細かく刻んだニラや細く切ったにんじんなどの野菜を加えます。
30


② 小さめに切ったハム(またはウインナー)も加えたら混ぜて焼くだけ。
31


野菜たっぷりのチヂミの出来あがりです。
チヂミのタレは、市販のチヂミ粉についている場合もありますが(写真は付属のタレ)、子どもには味が濃かったり辛かったりするので、子ども用には酢としょう油を半々に混ぜたタレを作ってあげています。
29

チヂミを頻繁に作る場合は、タレつきのものではなく、 チヂミ粉だけのものを購入してもいいですね。

オタフク チヂミミックス 1kg





まとめ

今回は、子供が喜ぶ手作りおやつを4つ紹介しました。
どれもそれほど時間がかからずに作れますので、毎日のおやつのレパートリーに加えてみてはいかがでしょう。



こちらの記事もどうぞ
お宮参りから七五三・卒園式まで子どもの写真はフォトブックがおすすめ
読むと心が軽くなる『子育てハッピーアドバイス』
足の冷えを解消するには?