悩む方も多い、子どもたちのクリスマスプレゼントや誕生日プレゼント。
みなさんはどんな風に選んでいますか?

子どもが欲しがっているものを贈ってあげたいという方もいれば、子どもたちの顔を思い浮かべながら年齢に合ったものを選んであげたいという方もいらっしゃいます。
どちらの場合も贈る側として願うのは、出来るだけ長く使って欲しいということではないでしょうか。

今回はお子さんのクリスマスプレゼントや誕生日プレゼント選びに悩んでいる方のために、温かみがあり長く遊べる木のおもちゃを紹介します。
クリスマスプレゼントはもちろん、誕生日プレゼント選びの参考にどうぞ。

スポンサードリンク








I'mTOY ミュージックステーション

音の出るものに興味を持ちはじめたお子さんには、「トライアングル」「チャイム」「ハンドシンバル」「ハンドベル」「マラカス」「カスタネット」など9種類の楽器が1つになったI'mTOY ミュージックステーションはいかがでしょう。
木琴の数を見てもわかる通り鍵盤の数が少ないので、きちんとした音階を身につけさせたいという方には不向きですが、自分で音を出したり、リズムに合わせて叩く楽しさを知るきっかけになるおもちゃ。
同じように叩いても、叩くものの素材によって音色は変わるので、飽きずに長く遊べます。
お子さんの年齢が低いうちは、自分で演奏するというよりも大人が音を出して聴かせてあげるといいでしょう。
42
  I'mTOY ミュージックステーション





はじめての大工さん

少し年齢が上がったお子さんにおすすめしたいのは、大人の工具顔負けのおもちゃ、はじめての大工さん
大工さんになったつもりでネジを回したり、トンカチで釘を打ったり。
ごっこ遊びをする年頃のお子さんにぴったりです。
わが家でも子どもが3歳頃にプレゼントしたところ喜ばれました。
それぞれの工具が小さな子どもの手にも持ちやすいサイズで、触ったときにケガをしないよう台の角が丸く処理されているところもいいところでした。
プラスチック製のおもちゃは、割れたり壊れたりして使えなくなることがありますが、このおもちゃは子どもが散々叩いて遊んだにも関わらず丈夫。
子どもが成長し小学生になった今は、手放すのももったいないので部屋に飾ってインテリアとして楽しんでいます。
大切に保管すれば、ずっと先ですが孫の代でも使えるかもしれませんね。
44
はじめての大工さん






はじめてのおままごと

おままごとは、女の子の遊びと思っていましたが、子どもが生まれ、たくさんのお子さんたちと接してみると、おままごとは女の子だけでなく男の子にも意外と人気のある遊びであることがわかりました。
掃除機をかけたり、料理をしたり、洗濯を干したり。
1日を通し、パパやママが家事を行う姿を子どもたちはよく観察しているんですね。

うちの子どもが初めに興味を持ったのは、掃除機。
普通の家庭用の掃除機を持ち、前へ後ろへと掃除機を動かしながら、掃除機をかけている様子を毎日のように真似していました。
そして、次に興味を持ったのが料理。
ボールに本物のキャベツを入れて用意してあげると、小さな手でちぎってみたり、お皿に盛りつけてみたり。
当時は自宅にあるもので代用していましたが、今思うとクリスマスやお誕生日のタイミングでこのようなおもちゃをプレゼントしても良かったかなと思います。
57
はじめてのおままごと(サラダセット) 



『はじめてのおままごと』は、他にもいろいろな種類があります。
その中でも気になるのは、 組み立て式のマイキッチン
これが1つあるだけで、すっかり料理上手な気分になりそう。
子どもの部屋に飾ってもかわいらしいんですよね。
少しずつ買い足したくなるフライパンやまな板なども、マイキッチンに全て集めれば部屋のあちこちに散らかることもありません。
組み立て式なので、そのままプレゼントするというよりは、あっと驚かせるためにあらかじめ組み立てておいてプレゼントするのがおすすめです。
59
マイキッチン





まとめ

私たち親の世代が子どもの頃と比べると、おもちゃの種類は増えたような気がします。
木のおもちゃにしてもそうですね。
以前は、木のおもちゃを取り扱うお店を探すことも大変でしたが、インターネットが普及したこともあり、今では検索すると簡単に見つけることが出来るようになりました。

これまで子どもに贈って来たプレゼントを振り返ってみると、真っ先に思い出すのは、私たち大人が子どもと一緒に遊びながら触っても、何だかホッとする木のおもちゃの数々。
電池では動かないけれど、自分で直接手で触れて、動かして遊ぶこれらのおもちゃはやはり特別です。
お子さんのお誕生日にクリスマスにぜひ一度プレゼントしてみてはいかがでしょう。